• Happy Life Cafe公式

他力本願理論【Happy night通信 vol.027】



今日の話は、、、 


「人任せにしてしまえ」って話になります 


今日のブログで、ぜひあなたも

なんでも我慢せずにできるようになって、たくさんの願望を


現実化してしまってください。



さて、ふと気づくと


詐欺にもあい、とあるおばさんには数千万円使い込まれ


投資にも失敗して、、、(笑) 


 


何億も帰って来なくなっても


以前、自由気ままに生きれるのか? 


 


その辺りについて書き残しておこうと思います。



ただ、、、この分野に関しては青二才もいいところで


ヘボさ満開なのですが、そんなわたしでも



経済的自由人であり、ノマドワーカーにもなれてしまうのは


他力本願理論最強説教の信者であるからなのです。



さて、よく考えてみましょう。 



冷蔵庫でモノを冷やしながら


洗濯機で選択をしながら


炊飯器でご飯を炊きながら


しかもテレビ見ながら


アイロンを掛けながら



子どものいち日の報告を聞きながら


スマホではFXの売買をしているひとがいるとしたら



超人だと思いますか(笑)? 



思う人もいるかもですが(汗)


こんなの、誰でもできます。 


 


この大半は電気と機械がロボットとして


時間を生み出してくれているからのほかなりません。 

 


でないと、これを別々にひとつずつやってたら


日が暮れます。 


 


江戸時代とかはそれをやっていたわけですが、


今の時代は電気がやってくれます。 




タバコ屋の奥でうたた寝てしているおばあさんは


寝ていても自販機がジュースとタバコを販売してくれてるので


毎月、それなりの額の所得を半自動的に得れているわけです。 




自販機が24時間不眠不休で働いてくれてるということは


おばあさんの1日が24時間ではないということです。 




おばあさんの1日は48時間あることになります。 


 


ぼくの所得の1つにアマゾンがあります。


勝手に物が売れると、アマゾンが配送して集金して


10%ほど人権手数料として引かれますが、口座に振り込まれます。自動的にです。



これだけで、ぼくの時間は48時間あるわけです。


今日はこの辺にて


<ノマド的思考>


・自分の時間は限らているから誰かに頼んじゃえってことです。