• Happy Life Cafe 野田ユウキ

恥を欠かせない気配りが生み出すもの【Happy night通信 vol.119】




【人間関係の53の法則〜4】 「恥を欠かせない気配り」 どういうことばを使うかは、 あまり難しく考える必要はない。

相手に恥をかかせたり、 傷つけたりするようなことを言わなければいいのである。 けれど、これがなかなかできなかったりする 傷つける気がないのに余計なことを口走る。

じつは、それは相手の見てないからに他ならない。 自分目線で 自分中心で 自分が気持ちよくなること ばかり考えている人間なときにやってること 誰しも身に覚えがあるハズ。 どうすればいいのか? 相手の話を相手目線で聞くこと 賢者は多弁にはならないもの 話すより、聞くこと 最後まで聞いてから話すように 心がけるべし と思う。