• Happy Life Cafe 野田ユウキ

人を罰しようという衝動【Happy night通信 vol.139】



【人間関係の53の法則〜29】 「ひとを罰しようという衝動の強い人間たちには、 なべて信頼を置くな」 〜解説〜 哲学者のニーチェが、 その代表的著作「ツァラトゥストラはこう言った」 で記した忠告。   他者を断罪しようとするのは、 他者が自分の存在を脅かそうとしないかと 戦々恐々としているから。   きっとお隣の国民も長い戦いの歴史で そうなんだと思います。 アメリカ然りです。 そのような人たちは同時に自分の存在を脅かす何かを隠蔽したり、偽ったりするかもしれません。 だから信頼しない方が身のためです。 何より、人を罰することばかり考えている人たちといると、 単純に気持ちが疲れてくるので精神衛生上よくありません。 周囲を見回そう すぐに誰かを非難したり、否定したり 評価したり、批評したり それらの裏には不安と怖れが渦巻いている場合が 多いのです。 自身に満ちた強い人間も、国も そういったことはしません。 感情的になる時点で 意識レベルが低いのです。 人間として成長して 幸せ基準で生きるなら 不安と怖れのない自分を育てていくことが肝要です。 今日はここまで