• Happy Life Cafe 野田ユウキ

被害者意識からの卒業【Happy night通信 vol.153】




魔法の質問 


「最近誰かのせいで不快になりませんでしたか」  



受け身に生きることをネガに生きるといいます。

幸せ基準で生きると

ネガにはなりません。


ネガになるとは

自己責任を放棄することです。


何事も受け身に生きる人の共通の思考で

そうなると、言われたことしかしません。


つまり、言われないとやりません。

そういう人は、言われると不快に感じます。


自分から何事も進んで考え、物事を

行う人は、結果を自分から作り出します。


なのに、それを自分が凄いからといいません。

お陰様といいます。 

 

ところが、受け身の人は

上手くいかないと、周囲を見回して

誰かのせいにして掛かります。 

 

被害にあったと考えます。 

 

俺は悪くない、私は悪くない

この気持ちの悪いことが起こっているのは

アイツのせいだ(笑) 

 

って考えるようです(汗) 


すべて、、、自己中の為せる技

いいことは自分のお陰

悪いことは誰かのお陰 

 

これでは幸せ基準にはなりません。 

 

人をあーだこーだ言う前に

自分が何ができるのか?

考えることです。 

 

その不快感を感じているのは

自分でしょう。つまり自分の中に

それを感じる何か処罰している価値観があるわけです。 

 

それを止めない限り、

その人の人生は受け身型の人生となり。 

 

幸せにしてくれる人

幸せにしてくれる場所

幸せにしてくれる仕事

を探す人生に成り下がります。 

 

それよりも

幸せ基準でいくなら 

 

幸せにできる人

幸せにみんながなる場所

幸せを感じれる仕事の仕方

を考える人に変わるのです。 

 

わかるかな〜





〜全ては”あなたの中”がお外に起こってるだけ〜



========まとめ========


被害者を演じる癖はいつのまに身についたのか?


それは、誰かのせいにしたほうが楽チンで


自分のサボってるのが隠せたからに他ならない


==================