• Happy Life Cafe 野田ユウキ

世界一金利が低い国で貯金【Happy night通信 vol.188】





【人生が終わる3Step】



学校に行って、就職して、貯金して人生は文字通り「終わる」


なにもしないまま終わる。


 


いろんな意味付けをして、あたかも意味があったように思い込むのは止めたほうがいい。


 


完全に日本人は間違っているし、正しいことを教えられていない。 


 


世界一金利が低い国で貯金なんかする意味は本当に「どこにもない」 




僕は子どもにこう繰り返し聞いている 


 


「学校に行く理由はなんだ?」 


「将来はどんなライフスタイルを送りたい?」




「勉強は大事だと思うか?」


「勉強と学習の違いわかるか?」


 


「パパの仕事はなんだと友だちに説明できる?」




息子はいつもこういう


 


「サラリーマンにはならないよ」


「パパみたいになりたい」


 


娘は子どもが好きで、目の前で家族が死ぬのを見て


看護師を目指している。 


 


でも、こう言ってある。


 


「給与所得」とは別に 「配当所得と事業所得」を必ず


パパから学んで作りなさいと


 


もう一つ怖いことがある。




学校では、「ミスを犯すな」という。


親も、「失敗は成功の元」とかいいつつ、その本来の意味を知らない。




失敗は成功のもとなんかじゃないよ


 


「そもそも失敗なんてないんだ」から 


 


これを知っているから、僕たちは富裕層側にいる。 


 


富裕層は働かないってことを知っているだろうか?


 


どうして働かないのか?


 


働くと税金がかかるからだ。それが勤労所得=給与所得のことだ。


 


しかし、富裕層は税金のあまり取られない、もしくは払わなくていい所得を持っている。 


 


それが




「配当所得」=ポートフォリオ所得




「事業所得」=不労所得


 


日本人の大半はこれを知らずに「仕事」をしている。


 


富裕層が「資産」を構築している間にも、、、、まだ残業して


税金を支払っている。 




怖くないか?! 




学校で教えている「恐怖」とは「失敗」をしてしまわないかといふ不安でモチベーションを上げている。




これではジンセ棒に振ったも同じだと僕は思う。




今からでもいいから取り戻せ!!


 




今日はこの辺にて・・・