• Happy Life Cafe 野田ユウキ

信用と信頼の違いが成功の成否を決める【Happy night通信 vol.212】



みなさんは、信頼に足る人ですか?


家族に信頼されていますか?

ビジネスパートーナーに信頼されていますか?


信用と信頼は違います。


「信用取引」という言葉はあるけど

「信頼取引」という言葉はない。


また


「信頼関係」という言葉はあるけど

「信用関係」という言葉はありません。


僕は、信頼も信用もあまり分かっていませんでした。

そのため、騙されたり、裏切られたりしたことがあります。


なぜ、こんな眼に合うんだろう、当時はそんな風に考えていましたが


今では大抵のことは感謝しています。


そのことがあったお陰で、何かを防げたのです。

思い起こせば全てのことでいえます。


有り難いことです。


さて、信頼と信用を間違えていると僕のような失敗を犯さないとも限りません。


信頼されるとは心の含みを持って精神的な意味合いが大きく、これからの未来に対して

用いられることが多いです。


これからまだ起こっていないことに対しても頼れる人こそ信頼できる人です。


方や、信用されるとは物質的な結果成果の意味合いが大きく、今現在や、今までやってきたことに対して用いられるようです。


人に信用されているとは、過去の実績からして、こいつならちゃんとやって来てるよね。

ってことです。

信頼されているとは、それだけではなく、これからも信用できる意味合いがあるのです。


信用を重ねて、信頼を築くこととする。


そのためには約束を守ることが肝要だということです。


愛することも信用と信頼で出来ています。




自分は誰に信用されているだろうか?

誰に信頼されているだろうか?

こんなことを意識しながら休日を有意義なものにしては如何でしょうか?!


言葉一つでの違いの理解の仕方で人生は右にも左にも転ぶものなのです。