• Happy Life Cafe 野田ユウキ

「利益をコツコツ蓄える」とは?【Happy night通信 vol.223】




日本の税制は

所得税〜個人事業主の所得に課される税金

法人税〜法人所得に課される税金


となっています。

案外知らない人がおおいですよね。


しかも、所得が900万を越えると法人税の成立のほうがお得になりだします。

つまり、沢山の収入から経費を引いた所得が大きいなら法人化しなさいという流れです。


けれど、多くの経営者はどうやれば税金を払わずに済むかに焦点を当たるあまり、本末転倒になっているケースが多い気がします。



法人化して経費として接待などに使い、内部保留金が減るために会社の自己資本比率が下がっているのが日本の現状だと思う。


そのために、中小企業などは競争力がとても低いのが現実だろう。


個人なら、しっかりと税金を払って、内部保留をベースに将来担保になる不動産に投資することで

銀行からの融資が受けやすくなるし、それこそ固定資産税と修繕費とそこからの収益を引いたとしてもインフレに対応できるようにしておけば、いいだろう。


会社なら、銀行から融資を受けることなく自力で外資と戦えるのだ。


ムダに、接待費などで使い込んで税金節約して会社を弱くするのなら経営者としては失格だと思う。


税金は経費なのだ。



【どれほど沢山の税金を支払わなっくてはならないにしても、収益性を上げる努力を続けるべし】


追伸:個人事業主ならば税率で経費使いまくってシュミレーションしてみると良い

在る額から幾らやっても手元には残らないのだ。ある額以上には残せない仕組みになっている。


これは一体誰がどんな目的で考えたのだろうかと考えるが、きっと公務員が持つ月収100万円という

当たりから金持ち的なとてもスケールの小さい思考が生み出したとしか思えない。