• Happy Life Cafe 野田ユウキ

共有できる目標を設定する【Happy night通信 vol.224】



さて、マスタープランって聞きなれない人もいますよね?


これは全体で目標を建て計画とゴールを設定することです。

起業では当たり前にやっているはずです。まともな会社ならです。


なぜなら、絶対に必要だからです。


そして、これは家族でもやれるし、やったほうが良い!

絶対にやったほうが間違いなく良いことが起こるんです!


たてるときのポイントは


1.誰にでも容易に達成できる低い目標を設定することのないようにする


2.達成したいと強く感じる願望に基いて野心的な目標であるようにする


3.全員が利益を受け取れる目標であること


稲盛和夫さんは 「大言壮語して、それを実現させろ!」といつも言われているそうです。


大切なのは、目標を達成できることではありません。

もちろん、達成でき無くてもいいと言っているではありません。


人は目標を達成できないと、ゴールに到達するための自信と能力を失ってしまうからです。だから、目標を達成することはとても重要なことなのです。


そして、マスタープランの目標を達成するためには、全員でその目標を共有する必要が出てきます。


トップが1人だけ数値を掲げていても、それを達成するのは自分で作り上げた組織ですから、一人相撲にならないように、組織の最小単位に至るまでそれぞれがそれを達成するのに必要な小さな目標をもてるように、会社の組織を作り出すべきです。


そうすることで、各自が目標を達成できるのみならず、全体の目標も達成できるのです。


といつも堅い書き方をしていますが


要するに、もしあなたが脱サラし、しかもその目的な経済的自由人だとしたら。


初めから、商売の利益を独り占めすることを考えずに、仲間や他の人達が気持ちよく自分のために働いてくれるようにご利益を分配して、しかも彼らが離れない組織づくりを計画しながら進めなければならないということなのです。



もし、あなたが家族のためにつくるなら

家族でのライフスタイルをみんなで一度年末にでも話し合うことが必要だということです。