• Happy Life Cafe 野田ユウキ

ユダヤ人の秘密【Happy night通信 vol.272】



世界一有名なユダヤ人の1人であるアインシュタイン博士。


彼の名前を英語で書くと A Stone となり、一つの石という名前になる。


アインシュタインが亡くなる前に彼はモンゴルを訪れている。


その後、彼は有名なアインシュタインメモを残している。





そのメモは2017年にオークションに掛けられたそうだ。




ノーベル物理学賞を受賞した物理学者アルバート・アインシュタインが幸福な生活についての考えを書き記したメモ2枚がエルサレムのオークションで合計約180万ドル(約2億500万円)で落札された。 





アインシュタインは講演のために日本に向かう船上で、21年度のノーベル賞受賞の知らせを受け、日本でも盛んな歓迎を受けた。


滞在先の帝国ホテルの便箋(びんせん)(縦21センチ、横13センチ)に。チップを持ち合わせていなかった彼は、ベルボーイにチップの代わりにメモを渡した際、





「運が良ければ、これは普通のチップよりも価値あるものになるかもしれない」と語ったといわれている。





ドイツ出身ユダヤ人アインシュタインは科学の研究に一生をささげたが、そのメモにはこんなことが書かれてある。





「長年夢見た目標を達成することは必ずしも幸せを約束しない」


「穏やかでつつましい生活は、成功を追求するせいで常に浮き足立っているよりも、より多くの幸福をもたらす」




2枚目のメモには、





「意思があれば道は開ける」




と短く書かれている。


1枚目のメモは156万ドルで落札され、2枚目は24万ドルで落札されている。




出品したのは、アインシュタインからメモを受け取ったベルボーイの甥だとみられている。




富とはなんだろう?


構築する前に考えてみるといい。