• Happy Life Cafe 野田ユウキ

欠乏感からの自由になるには【Happy night通信 vol.284】


※アイスコーヒーを大量に呑むバリ島の丸さんなのだ。



毎朝、、信じられないほどの充足感で目覚めているおれ


これ凄いことだ。


子どもの頃以来だもんね。




小金持ちになれてよかったよ(笑)


いやはや本当にありがたいよ。




これが大金持ちだったり、年商何十億とかの社長になったら


それはそれで別の充足感とかあるんだろうけど




何が違うかっていうと縛られるものがない。


社員をたくさん抱えて素晴らしく雇用を生んで


それは素晴らしいことだけど




おれには不要


だって、おれの基本理念は自由





会社から


社会から


お金から


時間から


の自由だからさ


できるだけ何かを所有したくないわけ


最小限の所有で得れる効率性こそが




本当の豊かさを生み出すとおれは考えるわけ




必要なのは、おれがノマドライフをいつまでも充実させるのに必要なモノ、コト、ヒトなのだ。


だから、それ以外の執着あるものからは離脱したいわけ


それ以外のもので手放したくないものは何だ???




案外そんなものが過去のノマドライフを送ってなかった時に


傍にあって、まだ必要かもと思いこんで持ってたりするわけだ。




人生をより豊かに生きていくのに


この欠乏感が邪魔なわけ。


いつも、何かを渇望して


誰かと比較して




自分を自分でイジメてさ、傷つけてさ




俺ってダメだ・・・みたいにさ


それじゃ欠乏感が延年と自己成長の邪魔なんだよね。


余計な比較対象になる情報を生み出す全てモノ、コト、ヒトとが寄ってこない、入ってこない様にさ




他人のブログも、新聞もくだらない記者達の書いた雑誌とかもさ


それらが書かれている目的知ったら読む必要無いことに気づかないとね。




で、2つ目の捨てること、生きていくのに必要な最低限以外は捨て去ること


まずは捨てるんだよ。




で最後の3つめが二度とそれらが戻ってこないように


それが不要だって自分に叩き込んでやること


人は怖いんだよ


死ぬことが、、肉体的、精神的に自分の存在がこの世から消えたくないわけ


だから、それを守れそうなものを持ってるわけ


記憶も守りたいわけ、自分をやすらぎに導いた過去の思い出とかもさ、それに関連するいろんなこともさ


でも、、、本当はそれらは邪魔だんだよね。


体験は学びを生み出し、学びのうちの幾つかは気づきに繋がる。


気づきが僕達を沢山の喜びをくれるんだ。


くれたら、2度くれないよ。





噛んだガムと一緒だから。。。





本当に必要なモノとコトとヒトは誰か?


考え直してみると良いぞ




それこそ、ノマドライフを楽しむための在り方だぜ