• Happy Life Cafe 野田ユウキ

選択肢の1つとして脱サラ【Happy night通信 vol.302】




選択肢は無限にある。


選択肢を増やそうと思ったら


人と会うこと 


 


学校の勉強やらないより、やった方が視野が拡がる


視野が拡がると、それだけ活動範囲も広げることができる。


つまり、出会いが増えるんや。




学校の勉強そのものは、申し訳ないけど


単なる知識でしかない。 



それを活かせるかどうかは、その知識を通じで選択肢を増やして


出会った人たちとのご縁を育むことにあるねん。




だから、、、


すでに無用になっている偏差値のフォーカスしてる人たちは豊かにはなれないねん。



勉強を、


人を豊かにするキッカケを生み出す道具にせなあかんえん。



入試のために使うもんやないねん


で、、、本題やねんけど


サラリーマン否定する気もないねんけどや


どうせ同じ人生なら、、、いろんなこと体験してみてらどうか?



って話やねん。


仕えて、使われて、お給料を頂いてる人生も悪くはない。




毎月25日くらいにお金がもらえるわけやし





けれど、、、自分で事業起こしてみるのもエエと思う。


これは世界の自営業率の分布図や




日本の就業者に占める自営業率は、11.90%で、世界ランキングの順位は71位で、




ランキングの


1位はブータンの71.10%、


2位はカンボジアの68.50%、


3位はベトナムの65.40%です。




ランキングの最下位はクウェートの3.20%ということらしい。



ちなみに、



「7%」。これは、日本において「やる気をもって今の仕事に積極的に取り組んでいる人」の割合。




ギャラップ社による世論調査による世界94ヶ国を対象とした仕事に対する意識調査の結果。




反対に、



「24%」。これは、日本において「嫌々ながら仕事をしている人」の割合です。多くの人にとって人生の大半を占めるであろう仕事。それなのに、嫌々ながら仕事をしている人が、積極的にやる気をもって仕事をしている人の3倍もいるのは驚きです。





これではアカンと思わへんか?


子どもは親の背中を見て育つもんや、真似しよる




戦前は、


サラリーマンより自営業者の方が数の上では多かった。



戦後、高度経済成長でパナソニックやソニーなどの大企業が育ち、その下請け企業も育つ過程でサラリーマンを養成しなければならなかったことなんかが、自営業が減った大きな理由やねん。 



ところが、、、労働力を海外に求めることで活路を見出そうとしたために、給与の高い日本人労働者は不要になってきてしもたわけや。 



同時に、その大企業の業績が落ち、下請け、孫請けも受注量を減らされ、リストラは当然のこととなる。 





「世の中の変化についていけないと、豊かさはやがて減り始める。 」




この20年位の間にIOT、ICTを言った世界が大きくなり、すべての人たちがそれらの恩恵を被ると同時に、誰でもWEBを仕えば、起業、つまり脱サラできる時代になってきたわけ。




ぼくがこうやって、、、カフェでブログ書いて、講演で呼ばれて


しゃべって、お弟子さんらが出来て、彼らの商売を好転させて、あるいは事業継承手伝う様なコーチングやコンサルタント業できているのもWEBによる集客が大きいい。




ちなみに、ぼくの場合は集客はほとんどしてない。


勝手に来てくれる。





で、、、これだけではなく、


これらのより効率効果的にやるのが


リアルな人との出会いに尽きる。


詐欺師も一杯おる(笑)


驚くほどいる^^;


それらも見極める目も養わないといけない。




そして、、、最後に世界は広いけど


WEBやLCCでビックデータなくらい狭くなっている。


商売やるなら世界を相手にするのも1つだと思う。




<まとめ> 


・自分で人生決めることのできる人生を選んでもいい


・脱サラも1つの手立て 


・リアルな出会いにこそポイントがある。


・WEBさえ使えば肝心かなめの集客は誰でもできる。 


・世界に客がいる商売をやろう





今日はこの辺にて