• Happy Life Cafe 野田ユウキ

家族愛こそすべての原点【Happy night通信 vol.310】




※俺も出ている映画みてや〜!!パンフレットある人は俺特別欄に載ってるで〜と自己アピールしておこう。



さて、、、ここまでは理解できただろうか?


異論もあるだろうけれど、大半はなるほどかと勝手に思う。


ここまでは




恋について→この記事


愛について→この記事


書いてきた。


さて、今日は家族愛につてい書き残しておこうと思う。


ムスメも読んでるだろうな。。。





いつかむすこも読むだろう。





家族とは・・・・


みなさんの定義はなんだろう?


家族いる人、いない人


それぞれに思うところは違うとおもう。


俺の思う家族とは


世界の中心であり、


世界の始まりだと思っている。


これなくして、人生は始まらないと考える。


こどもに何かしてあがる両親の気持ちを思い起こして欲しい。


子どもがいない人にはわからない気持ちだろうけど


親は見返りを求めずに彼らを愛する


理由は、、、





そこにいてくれるだけで嬉しくなるからにほかならない。


存在自体で両親を愛してくれてるのだ。


寝ている顔


笑ってる顔


遠くを見つめている顔


どれも観ていても飽きることがない


ずっと眺めていたい


抱きしめると、暖かく、柔らかく、心地よくしてくれる。


彼らは常時α波という電磁波を放出してるので、、、




見てるだけで、抱きしめるだけで、添い寝するだけで


気持ちよくなれる。


愛の結晶といわれる理由がここにある。


そして、少しスピリチュアルになるけど、ここからが本題


産まれた理由がなんであれ




必ず親を助けるためにやってくる。





これは大事なコト。


子どもよりも大人方が偉いと大半の親は考えてるけど


あほちゃうか?とおもう。




テレビでもや


車でもや


コンピュータでもや


あとから 作られたほうが性能エエに決まってるやん


と考えないのか?ということ。


人間のこどもは親より進化して産まれてきてるってこと


しかも、、、親が産まれてきた役割というものを


つまり、俗にいわれる使命を果たせきれてないから


助けに来てくれてる先生やねん


この世知辛い世の中を生きていく物理的術を教え


支えて行くのは親の役目なだけ


で、、、彼らから親たち、大人たちは学ばなくてはいけない。





で、、、一人目だけでは親を助けれないと二人目、三人目と支援部隊がやってくる。


あなたにはこどもは何人いるだろうか?


その数だけ、、、気づけてない傲慢かもしれない自分がいるかもなのだ。


大抵の学べない人は、遮ってこういう




「知ってるし、分かってるし・・・」


だから、、、進まへんねん


おとなこそ、謙虚に子どもたちの在り方から学ぶべし


で、、、、おやが役目を果たし始めれば




こどもは自分の使命に目覚める。


ってこと


親が役目を果たせぬまま歳を取ると、、、こどもにバトンは渡されてしまう。


こどもは、親の役目を引き継ぐことになる。


家族の存在の一面だけど・・・こういう見方もあるってことです。




<まとめ>


・こどもは親より進化してる


・子沢山には意味がある


・こどもは宝


家族はチームやねん


仲違いしてる場合とちゃう


耳を方向け、助け合い、支え合い、人生を味わうことや